HOME > 委員長メッセージ

委員長メッセージ

2014年度より画像応用技術専門委員会 (IAIP)の委員長を仰せつかりました. どうぞよろしくお願い申し上げます.
さて,IAIPは,1986年9月の設立以来,既に四半世紀を超える歴史を持っております. その間,変わらず高いアクティビティーを保ち,発展を続けてきたことは,大変驚くべきことであると痛感しています. IAIPが所属する精密工学会には,20を超える専門委員会がありますが,画像という精密工学会の本流からはややはずれる分野を対象としているのにもかかわらず,最も活発な専門委員会の一つとして学会本体においても評価されています. これは,ひとえに,設立に関わられた(当時の新進気鋭の若手!)研究者・技術者の皆様から脈々と受け継がれてきた,高い意志を持つ人々のネットワークの力によるものであると思います.
日本には,画像に関わる学協会組織が沢山あり,多様な切り口・分野でそれぞれ活躍されています. それらの中において,IAIPは,最も現場に近い立ち位置にいる組織であると言って良いかと思います. それは,ものづくりの学会である精密工学会に所属する専門委員会であることにも由来すると思います. IAIPの委員のうち企業の方の比率が他の画像関連組織に比べて多いこと,主催するViEWやDIAなどの行事でも企業からの発表者・参加者が大変多いことは,IAIPの大きな特色であり,誇るべき点であると思います. IAIPは今後もこの立ち位置を堅持しつつ,活動を継続して行くことを,強く意識しております.また,多くの組織とも有機的に連携しているのもIAIPの良さの一つであり,このつながりも引き続き大切にしていきたいと思っています.

さて,最後に皆様へお願いです.
是非IAIPの行事に参加して下さい! これまで既にご参加下さっている皆様は引き続き,また,まだ参加したことがないという皆様は是非これから. IAIPは,年5回の定例研究会,ViEW,DIA,サマーセミナーなど,多くの行事を実施しています. なお,2014年は国際会議である日仏メカトロニクス会議も4年ぶりに日本で開催いたします. これらの行事は,IAIPの委員でなくても勿論参加できます. また,さらに密接にIAIPと関わっても良いなと思われる皆様は,是非委員にもなられて下さい! 現在,140名以上の個人会員,20社以上の法人会員がIAIPの委員として活躍されています. 既に書きましたように,IAIPの一番の力は人です. 是非そのお一人になって頂きたいと願っております.
IAIPへの忌憚なきご意見もお待ちしております. 建設的な意見,厳しい意見など,是非お寄せ下さい.

IAIPがこれまでと変わらず,日本の画像応用技術の発展に寄与し,関連する方々に幸せをもたらすことができるよう,頑張っていきたいと存じます. 皆様方の変わらぬ,そして出来ましたらこれまでよりもさらにIAIPに近い立場でのご支援・ご参画をお願い申し上げて,私のご挨拶とさせて頂きます.

公益社団法人 精密工学会画像応用技術専門委員会(IAIP/JSPE)
第8代(15期) 委員長 梅田 和昇(中央大学)
 
Copyright (C) 2017 画像応用技術専門委員会 All Rights Reserved.