-->
HOME定例研究会

定例研究会 年間テーマ
「社会イノベーションのための画像応用技術」

外部講師による技術講演,会員による研究発表,各種研究報告,などを中心に会員のニーズにお応えしている研究発表会です.

2017年度は,年間テーマを「社会イノベーションのための画像応用技術」とし,以下の5回の定例研究会を予定しています.

第1回 2017年5月19日 「ロボット・FA
第2回 2017年7月14日 「ビッグデータ・画像認識
第3回 2017年9月29日 「3次元計測
第4回 2017年11月10日 「人・スポーツ
第5回 2018年1月12日 「サービス・インフラ

IAIP会員外の方へ: 会員外でもご参加頂けますので,ご興味をお持ちの方は是非ご参加下さい.
出来るだけ一週間前までに事務局(e-mail:iaip@adcom-media.co.jp)に事前申込下さい.
会員外の方の聴講費は2,000円(研究会報告代含む)です.なお,会員の参加費は無料ですので,是非ご入会をご検討下さい.

2017年度第5回定例研究会

  • テーマ 「サービス・インフラ」

  • 日時 2018年1月12日(金)午後2時より

  • 場所 中央大学 後楽園キャンパス 2号館2階2221号室

  • 交通案内 アクセス |  キャンパスマップ

  • 所在地 東京都文京区春日1-13-27  〒112-8551

  • 当日連絡先 梅田委員 TEL:03-3817-1826
                    E-MAIL:umeda@mech.chuo-u.ac.jp

  • 講演(14:00~14:50)
    「現場のラボ化とラボの現場化:ピアデータをより広くより深く(仮)」
    産業技術総合研究所 人間情報研究部門 蔵田 武志 氏

    [講演概要]  ピアデータ(ビッグ+ディープデータ)により実世界を理解することでサービスの付加価値や生産性を向上させることが可能になる。現場のラボ化とラボの現場化によりピアデータを獲得していくという考え方とその技術事例について紹介します。

  • コーヒ-ブレイク(14:50~15:00)

  • 講演(15:00~15:50)
    「カメラのよる非接触感情・情動モニタリングとその応用」
    千葉大学 大学院 工学研究院 津村 徳道 先生

    [講演概要]  カメラのより得られたRGB画像からヘモグロビン成分画像、メラニン成分画像、陰影成分画像に分離する技術をもとに、得られたヘモグロビン成分画像から、非接触に感情・情動モニタリングする手法を紹介する。

  • コーヒ-ブレイク(15:50~16:00)

  • 講演(16:00~16:50)
    「除草機搭載型計測システム『CalSok(刈測)』による河川堤防モニタリング」
    朝日航洋株式会社 空間情報事業本部 技術センター 商品化推進室 鈴木 清 氏

    [講演概要]  ・外部環境:気候変動に起因する災害多発、少子高齢化による担い手不足、厳しい財政状況
    ・ニーズ:目視点検の時間と労力の消滅、定性的評価から定量的評価への転換
    ・ソリューション:除草作業と一次スクリーニング点検の融合、経年モニタリングによる予防保全へのシフト

  • 報告(16:50~16:55)
    「外観検査アルゴリズムコンテスト2017報告」
    徳島大学 寺田 賢治 実行委員長
  • 報告(16:50~17:00)
    「ViEW2017ビジョン技術の実利用ワークショップ開催報告」
    徳島大学 寺田 賢治 実行委員長

過去の開催履歴

2017年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2017年5月19日(金)
 第2回:2017年7月14日(金)
 第2回:2017年7月14日(金)
 第4回:2017年11月10日(金)

2016年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2016年5月13日(金)
 第2回:2016年7月22日(金)
 第3回:2016年9月16日(金)
 第4回:2016年11月11日(金)
 第5回:2017年1月13日(金)

2015年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2015年5月15日(金)
 第2回:2015年7月17日(金)
 第3回:2015年9月18日(金)
 第4回:2015年11月13日(金)
 第5回:2016年1月22日(金)

2014年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2014年5月16日(金)
 第2回:2014年7月18日(金)
 第3回:2014年7月18日(金)
 第4回:2014年11月14日(金)
 第5回:2015年1月16日(金)

2013年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2013年5月24日(金)
 第2回:2013年7月19日(金)
 第3回:2013年9月20日(金)
 第4回:2013年11月15日(金)
 第5回:2014年1月17日(金)

2012年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2012年5月18日(金)
 第2回:2012年7月20日(金)
 第3回:2012年9月21日(金)
 第4回:2012年11月16日(金)
 第5回:2013年1月18日(金)

2011年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2011年5月13日(金)
 第2回:2011年7月15日(金)
 第3回:2011年9月16日(金)
 第4回:2011年11月11日(金)
 第5回:2012年1月13日(金)

2010年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2010年5月14日(金)
 第2回:2010年7月9日(金)
 第3回:2010年9月17日(金)
 第4回:2010年11月12日(金)
 第5回:2011年1月14日(金)

2009年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2009年5月15日(金)
 第2回:2009年7月10日(金)
 第3回:2009年9月18日(金)
 第4回:2009年11月13日(金)
 第5回:2010年1月15日(金)

2008年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2008年7月11日(金)
 第2回:2008年9月12日(金)
 第3回:2008年11月14日(金)
 第4回:2009年1月16日(金)

2007年度定例研究会バックナンバー
 第1回:2007年7月13日(金)
 第2回:2007年9月21日(金)
 第3回:2007年11月16日(金)
 第4回:2008年1月18日(金)
 第5回:2008年3月14日(金)

 
 
Copyright (C) 2017 画像応用技術専門委員会 All Rights Reserved.