精密工学会 画像応用技術専門委員会
HOMEViEW > グランド小田原賞

精密工学会 画像応用技術専門委員会 グランド小田原賞

毎年、ビジョン技術の実利用ワークショップでは、本活動の創始グループの一人である、故小田原豪太郎先生(東大)の功績を称えて、 最優秀論文に対して「画像応用技術専門委員会 小田原賞」を授与しております。 このたび30周年記念事業の一環として、これまでの22回(2016年12月現在)の小田原賞受賞者の中から、 最もインパクトのある受賞論文を「グランド小田原賞」として、以下の論文を選出しました。


青木公也、舟橋琢磨、輿水大和(中京大学)、三和田靖彦(トヨタ自動車(株))
 「周辺視と固視微動に学ぶ「傷の気付き」アルゴリズム」
 第18回(平成24年)「画像応用技術専門委員会 小田原賞」より ⇒ こちら


「歴代のViEWの実行委員長」+「IAIP運営委員」が歴代の小田原賞受賞論文を全て読んだ上で、 「グランド小田原賞」に最もふさわしいものを投票した結果によって選出されました。 受賞者は2017年12月に開催されるビジョン技術の実利用ワークショップで表彰いたします。    




 
Copyright (C) 2017 画像応用技術専門委員会 All Rights Reserved.