home






特別企画


特別企画セッション

ViEW2017では一般セッションの他に,最新の画像処理技術についての特別企画セッションを用意しております.

特別企画セッション1

12月7日(木)15:20~16:50

「未来を感じさせるクルマ・未来を見据えたテクノロジー」

 オーガナイザー/座長:下村倫子(日産自動車㈱),満倉靖恵(慶應義塾大学)

 

SS1 基調講演

「未来のクルマ(完全自動運転車)が提供する未来の移動と画像認識」

 野辺 継男 氏(インテル㈱,名古屋大学客員教授)

 

概要:
クルマは人間の指示通りに走る.同様にコンピュータに言われた通りにも走る.問題は人間以上に安全な指示を出すソフトウェアを開発し得るか否かである.人間以上の環境認識能力を持たせ,安全を確認し,運転に伴う判断や操作にも結びつける.これが自動運転の最重要開発項目の一つである.その開発には昨今のIoTやDeep Learningの発展が大きく貢献しており,そうした動向に関し画像応用技術の視点から概説する.

略歴:
1983年早稲田大学 理工学部 応用物理学科卒業,88年ハーバード大学 ビジネススクールMBA Alumni,同大学PIRPフェロー.83年日本電気㈱入社.パソコン事業に関連した海外事業,国内製品技術,及びソリューション事業関連で国内外の各種プロジェクト立ち上げ(ビデオオンデマンドやデータ放送関連,各種インターネット利用技術等に関する商品企画及び新事業開拓).2000年同社退職後,オンラインゲーム会社立ち上げを含む複数ベンチャーを立ち上げ,CEO歴任.04年日産自動車㈱入社.チーフサービスアークテクト兼プログラム・ダイレクターを経て,12年同社を退社し,インテル㈱入社.名古屋大学 COI 未来社会創造機構 客員准教授(兼務).



SS1 講演1

「未来の車はなぜ空っぽなのか」

 上田 哲郎 氏(日産自動車㈱総合研究所エキスパートリーダ)

 

概要:
AIは,自動運転の実現に欠かせない技術です.さらにAIは自動運転によってもたらされる新しい運転体験そのものにも大きな役割を担っています.まるで空気のようなインタフェースをまとった未来のコクピットにAIがどのように関係するのかお話ししたいと思います.

略歴:
1990九州大学総合理工学研究科修了.1990日産自動車㈱総合研究所入社. 1999 筑波大学経営政策科学研究科企業科学専攻修了 博士(システムズ・マネジメント). 2016- 日産自動車㈱総合研究所エキスパートリーダ.



SS1 講演2

「顔認証界隈の動向と近年の取り組み」

 高橋 巧一 氏(日本電気㈱)

 

特別企画セッション2

12月8日(金)15:00~16:30

「未来に向けた画像処理技術(仮)」

 オーガナイザー/座長:加藤邦人(岐阜大学),佐藤雄隆(産業技術総合研究所)

 



















お問い合わせ先: 〒169-0073 新宿区百人町2-21-27 アドコム・メディア(株)内 ViEW2017係,   TEL: 03-3367-0571,  e-mail: iaip@adcom-media.co.jp
Copyright (C) 2017 ViEW All Rights Reserved.